Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード

2020.10.08 話題のカード

2016年10月からサービスが開始されたApple Pay(アップルペイ)も企業対応が進み、今では国内発行のほどんどのクレジットカードがApple Payに対応しています。
Apple Pay(アップルペイ)に登録できるクレジットカードの種類が多くて、どのカードを選べばよいか迷ってしまいますよね。
今回は、Apple Pay(アップルペイ)と相性が良いハイスペックのクレジットカードを厳選紹介していきます。
iPhoneに登録するクレジットカードをお探しの方は是非参考にしてみてくださいね。

Apple Pay(アップルペイ)におすすめの高スペックのクレジットカード

  • 年会費無料で高還元!JCB CARD W
  • 40歳以上の方におすすめ!三井住友カード
  • 還元率で人気のオリコカード・ザ・ポイント
  • ドコモユーザーには必携!dカード GOLD
  • Suicaを利用する方にはビックカメラSuicaカード
  • お手頃価格でグレードの高いMUFGカードゴールド

Apple Payの基本情報については、Apple Pay(アップルペイ)始動!クレジットカード管理が便利で詳しくご紹介していますので、「Apple Payって何?」って思われた方は是非こちらの記事も読んでみて下さいね。
読んで頂ければApple Pay(アップルペイ)の便利さがよくお分かり頂けると思います。またクレジットカードを複数枚持っていると、管理が大変だと思う時がありますよね。
しかしApple Payはそんな煩わしさから解放してくれて、レジでの支払いもスマートにしてくれます。
また、Apple Payの使い方については、Apple Pay(アップルペイ)の使い方!便利な決済方法を解説!で詳しくご案内してますよ。
Apple Pay(アップルペイ)は、下記の電子マネーが使える店舗で利用できる決済ツールです。
Apple Payが利用可能な電子マネー画像

つまり、上記の電子マネーが利用できる店舗で、高い還元率を出せるカードが、Apple Pay(アップルペイ)と相性が良いクレジットカードとなりますよね。
当サイトではApple Pay(アップルペイ)と相性が良いクレジットカードを厳選しました。
それではこれからApple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード9種類を一気にご紹介します。

Apple Payに登録するクレジットカード検討中の方は、当記事をお読み頂き、是非相性が良いカードを登録してくださいね。

Apple Payが利用できる店舗で高還元!年会費無料の高還元カードJCB CARD W

Apple Payに登録したJCB CARD W画像
「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は39歳以下限定のスペックが高い人気のカードです。
「JCB CARD W」は男性向け、「JCB CARD W plus L」は女性向けですね。

年会費無料で高還元!JCB CARD W

JCB CARD Wなら、Apple Payが利用できるセブンイレブンで、なんとポイントが4倍(還元率2%)になる為、Apple Payと、とても相性が良いのです。
しかも、年会費が無料。年会費が無料にも関わらず、下記保険が利用付帯します。

JCBオリジナルシリーズはトラベルサービスが大変充実しているのも特徴です。ハワイやタイなど「JCBたびらば」提携ショップで優待割引が適用されますから、旅行をお得に楽しめるカードでもあります。
39歳以下の方でWEB申し込み限定カードですが、一度入会してしまえば40歳過ぎても引き続き利用頂けますよ。
このカードは優待が大変豊富なクレジットカードで、年会費無料でハイスペックのカードは希少ですから、39歳以下の方は今が入会のチャンスですね。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
内容 JCB CARD W
JCB CARD W plus L
Apple Pay割当て電子マネー QUICPay
年会費 無料
還元率 基本還元率1%
パートナー店は2%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
海外ショッピングガード保険 最高100万円
JCBはApple Payへの対応が非常に進んでおり、安心してカードを申し込めますよ。クレジットカードとしてのステータスは勿論のこと、サービスも満足レベルです。

Apple Payが利用できる店舗で高還元!40歳以上の方におすすめ三井住友カード

Apple Payに登録した三井住友カード
先にご紹介したJCB CARD W /plus Lは39歳以下の方限定のカードですから、40歳以上の方なら三井住友カードがおいすすめです。
このカードは低価格で一定のステータスカードが欲しい方にもおすすめのハイスペックカードで、メインカードとしても一押しの1枚と言えます。

三井住友カードもApple Payが利用できる店舗で高還元

先にご紹介したJCB CARD W /plus Lは39歳以下の方限定のカードですので、40歳以上の方には三井住友カードがおすすめです。
三井住友カードは、Apple Pay(アップルペイ)が利用できる以下の店舗でポイント5倍(還元率2.5%)と高還元ですから、Apple Payとの相性は抜群ですよ。
ポイントが5倍になる店舗

その他にも、選んだ3店舗で常にポイントが2倍になりますから、自分がよく利用する店舗を登録しておけば、常に高還元で利用できる大変お得なクレジットカードなのです。
最高2,000万円の海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯するハイスペックカードですから、メインカードとしても申し分ありません。
更に、最短5分で即時発行して貰えますので、カード本体が届かないうちにApple Payですぐに利用できる点も、このカードの魅力です。
三井住友カードも20%還元キャンペーン開催中ですから、この大変お得な機会を見逃さないようにしましょう。
キャンペーン内容

三井住友VISAクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
内容 三井住友カード
Apple Pay割当て電子マネー iD
年会費 初年度年会費無料
通常1,250円(税別)
還元率 基本還元率0.5%
コンビニ・マクドナルドは2.5%
選べる3店舗で常にポイント2倍
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
海外ショッピング保険 100万円
三井住友カードは、還元率も高く付帯保険も充実していますので、メインカードとしてもおすすめの1枚ですね。

低価格でゴールドカードを持ちたい方におすすめ!MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは、わずか1,905円(税別)とリーズナブルな年会費で作れるゴールドカードです。
安い年会費でゴールドカードを持ちたい方におすすめのクレジットカードですね。
また「アニバーサリーポイント」や「プレミアムスタープログラム」といった独自のプログラムで、ポイントもたくさん貯まりますよ。

MUFGカードゴールドは格安年会費でラウンジが利用できる

格安年会費にも関わらず、空港ラウンジが利用できたり、年会費が1万円ほどするゴールドカードでも付帯していない場合が多い国内渡航便遅延保険もついています。
国内渡航便遅延保険とは、航空便に預けた手荷物の遅延や搭乗した航空便の遅延によって生じたホテル代や衣料費などが補償される保険の事です。
MUFGカードは、アメリカン・エキスプレス・カード、JCB、銀聯には対応しません。ブランド選びには注意が必要ですね。
VISAでも地上店舗だけは決済可能ですが、JCBブランドを選ぶとApple Payは全く使えないということになります。
Apple Pay(アップルペイ)前提にMUFGカードゴールド入会する場合、ブランドはMasterCard一択ですよ。
このカードは三菱UFJ銀行の優待が付帯しますので、メインバンクが三菱UFJ銀行の方にも一押しです。

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
内容 MUFGカードゴールド
Apple Pay割当て電子マネー QUICPay
取り扱いブランドの種類 VISA、MasterCard、JCB
年会費 1,905円(税別) 初年度無料 次年度以降免除あり
還元率 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 2,000万円
傷害・疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 50万円
MUFGゴールドは、年会費わずか1,905円(税別)で入会できるゴールドカードです。低価格でゴールドカードを持ちたい方にもおすすめのクレジットカードになりますね。

少額決済が多い方におすすめ!オリコカード・ザ・ポイント

Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードの中でも、一際ポイント還元率が高いのがオリコカード・ザ・ポイントです。
長い目で見ると、この還元率の差が効いてきます。
このカードは少額決済が多い方に一押しのクレジットカードです。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールドならApple Payで1.5%の高還元!

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールドは電子マネーの利用で0.5%特別加算される為、Apple Pay(QUICPay)で利用すると常時1.5%の高還元となるのです。
電子マネーQUICPayの利用で還元率がアップするので、Apple Payの登録におすすめのクレジットカードですね。
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド)の基本還元率は1%です。
また、オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールドはネットショッピングにも強く、オリコモール経由で1%加算され最低でも還元率が2.0%以上になります。
ここに加えて各ショップの上乗せがあるので、実際にはそれ以上の還元率が期待できますね。
1,000円以下の金額が切り捨てされるクレジットカードが多数ある中で、100円単位でポイントが獲得できる点も魅力です。

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

年会費無料で高還元!OricoCard THE POINT

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費が無料にも関わらず、入会6カ月間2%、その後も通常還元率が1%の高還元クレジットカードです。
また、オリコモール経由でAmazonでの還元率が2%(入会半年は3%)の高還元、ポイントもリアルタイムでAmazonギフト券などに交換ができるところも魅力です。
還元率の高さ、年会費の安さ、ポイントの貯めやすさ、交換できる商品の多様性、交換の速さ、どの項目も優れているのがオリコカード・ザ・ポイントなのです。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

以下、オリコカード・ザ・ポイントとオリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド両方の比較を表にしました。
プレミアムゴールドの方は年会費がかかりますが、その代わりに還元率がとても高く、充実した海外旅行付帯保険が付帯しますよ。

内容 オリコカード・ザ・ポイント オリコカード・ザ・ポイント
プレミアムゴールド
Apple Pay割当て
電子マネー
QUICPay QUICPay
取り扱いブランド MasterCard、JCB MasterCard
年会費 無料 1,986円(税込)
還元率 1%~1.5%以上 1%~2.0%以上
オリコモール経由加算 0.5% 1%
電子マネー利用加算 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 2,000万円
傷害・疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円
オリコカード・ザ・ポイントは高い還元率で人気のクレジットカードです。Apple Pay決済にはMasterCardかJCBブランドがおすすめですよ。

ドコモユーザー最強カード!Apple Pay登録におすすめ!dカード GOLD

アップルペイにdカード登録の説明画像
dカード GOLDはドコモ料金についてはポイント還元率が大幅アップ、iPhoneの補償もついてお得です。また付帯保険のレベルが高く、旅行の多い方にもおすすめのクレジットカードですよ。

dカード GOLDはドコモ料金の還元率が10%

dカード GOLDはドコモ料金の還元率が非常に高くドコモ料金が10%還元される為、この特典だけで年会費の元が取れます。
基本還元率も1%と高く、Apple Payが利用できるマツモトキヨシで4%の高還元、高島屋で2.5%還元とApple Payと相性が良いカードです。
なおApple Payで支払っても、ポイント還元率などクレジットカードの特典はそのまま適用されますのでご安心くださいね。

dカードゴールドは携帯補償もついて安心

dカードで購入した携帯が盗難や水濡れなどで全損した場合、dカードで新しく購入する携帯電話端末料金の費用を補償してくれるサービスです。
dカードゴールドの補償期間は3年で補償額は10万円です。プールサイドで水没させてしまったり、盗難にあった際に適用されるので、安心ですね。
あくまで全損時の買い替えが前提で修理可能な故障に関しては補償されませんので、ご注意くださいね。

dカード GOLDは旅行保険が充実!同行する家族も補償!

またdカード GOLDの旅行保険のレベルの高さは際立っています。航空便遅延費用特約までつくなど、他カードには見られない補償内容です。

充実した旅行保険

また国内空港ラウンジとユニバーサル・スタジオ・ジャパンドコモラウンジが無料で利用できますので、旅行やお出かけ好きの方にはピッタリです。

dカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

年会費無料のdカードスタンダード

年会費が気になる方には、年会費無料のdカードスタンダートがおすすめです。
dカードスタンダードも基本還元率が1%と高く、dカード GOLD同様Apple Payが利用できる特約店で高還元ですから、Apple Payとの相性もバッチリです。
dカード利用で貯まるポイントは、幅広い店舗で利用ができる共通ポイントですから、ポイントの使い道に困る事はありませんよ。

dカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

Apple Pay(アップルペイ)使用を前提に、dカード GOLDとdカードスタンダートの情報をまとめましたのでご覧ください。

内容 dカード GOLD dカードスタンダード
Apple Pay割当て電子マネー iD iD
取り扱いブランドの種類 VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 10,000円 無料
還元率 1%~10% 1%~6%
海外旅行傷害保険 傷害死亡 1億円
傷害後遺障害 400万~1億円
傷害・疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 500万円
海外航空便遅延費用特約つき

※「取り扱いブランド」はVISAを選ぶと、現時点ではApple Payの「ウェブとアプリ内での支払い」には利用できませんのでご注意くださいね。
店頭決済についてはVISAでも問題なく利用できます。

dカード GOLDはドコモユーザーの方には最強ですね。ところで国際ブランドはVISA、MasterCardの2種類ですが、今回はVISAブランドを選ばない方がいいというのには一体どういう理由があるんですか?
それは現時点では、まだVISAがApple Payのウェブ上やアプリ内でのネット上決済に対応していないからです。
でも店頭レジの支払いについては全く支障はありませんよ。使えないのは、ウェブ上やアプリ内でのネット上決済についてです。

Suicaを利用する方ならビックカメラSuicaカード

普段からよく電子マネーSuicaを利用する方なら、Apple Pay(アップルペイ)の登録には、ビックカメラSuicaカードが一押しですね。
Suicaにオートチャージができるクレジットカードはビューカードのみですが、ビューカードが発行しているクレジットカードの中でも、ビックカメラSuicaカードがダントツでおすすめですよ。
その理由は、他のビューカードの場合基本還元率が0.5%ですが、ビックカメラSuicaカードの場合、基本還元率が1%と高いためです。
これは、他のビューカードが利用時に0.5%の「JRE POINT」が貯まるのに対し、ビックSuicaカードの場合、利用時に0.5%の「JRE POINT」と0.5%のビックポイントも同時に貯まる為、基本還元率が1%と高くなる為です。

Suicaへのチャージでポイントが3倍(還元率1.5%)

ビックカメラSuicaカードは、Suicaへのチャージでポイントが3倍(還元率1.5%)貯まる上に、利用で貯まった「JRE POINT」や「ビックポイント」は電子マネーSuicaに交換が可能ですから、ポイントの使い道に困る事もありません。
また、年会費は初年度無料、次年度以降は477円(税別)ですが、年に1度でもカードを利用すれば無料ですから、実質無料と言ってもいいですね。
ビューカードが発行するビックカメラSuicaカードは、Apple Pay(アップルペイ)に登録すると、QUICPayが割り当てられます。
Suicaを利用される方には一押しのクレジットカードですね。

ビックカメラSuicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
内容 ビックカメラSuicaカード
Apple Pay割当て電子マネー QUICPay
年会費 初年度無料
次年度477円(税別)
年に1度でも利用すれば無料
基本還元率 1%
海外旅行傷害保険 最高500万円利用付帯
国内旅行傷害保険 最高1,000万円利用付帯
ビューカードが発行するクレジットカードがSuicaチャージで一番還元率が高いので、普段Suicaを利用する方ならビューカードが発行するクレジットカードがおすすめですね。

Apple Pay(アップルペイ)で毎日が便利で快適なキャッシュレス生活

今回は、Apple Pay(アップルペイ)が利用できる店舗で高還元になるカードや、Apple Payと相性が良いクレジットカードの特徴をご紹介しました。
Apple Pay(アップルペイ)によって、快適なキャッシュレス生活が実現可能となり、通勤や買い物などスマホさえあれば事足りてしまう便利な日常が送れる時代になったと言えましょう。
最適な自身のライフスタイルに合ったクレジットカードを選び、是非Apple Pay(アップルペイ)に登録してみてくださいね。
合わせて読みたい関連記事