マイルを効率よく貯める方法!クレジットカード活用で搭乗なしでもOK

2020.01.21 話題のカード

「マイルをもっと早く貯めたい」と思っている方は多いでしょう。たまに飛行機に乗る程度では、マイルってなかなか貯まりませんよね。
そこで、搭乗以外にもマイルをお得に貯める様々な方法をご紹介いたします。搭乗しないとマイルは貯まらないと思い込んでいる方が多いのですが、実は陸でマイルを稼ぐ方法って意外と沢山あるんですよ。
あなたも自宅でマイルを貯める方法にチャレンジしてはいかがでしょう?きっと思った以上にマイルが貯まりますよ。

マイルを貯める方法は一つじゃない!マイルを貯める様々な方法

  • ポイントサイトの活用で効率よくマイルが貯まる
  • ショッピングでマイルとポイント両方を稼ぐ
  • 特約店を使えばマイルが2倍
  • 外食でもマイルが貯まる
  • 給与振込みでもマイルが増える
  • マイル獲得にお役立ちのクレジットカードを利用

この際、飛行機に乗らないとマイルは貯まらないという思い込みは捨てましょう。
お店やポイントサイトでもマイルを増やすことは可能ですよ。これからご紹介する様々な方法でマイルを増やし、是非有効活用に繋げてくださいね。
どの航空会社のマイルを貯めるのかまだ決めていらっしゃらない方は、先に下記の記事をお読み頂いてから、マイルを貯める事をおすすめいたします。

搭乗だけで交換可能なマイル数を貯めるには、かなり頻繁に飛行機に乗る必要があります。
でも陸でもマイルは貯められますよ。色んな方法でマイル保有数を増やして、有効期限内にしっかり消化しましょう。

普段の買い物でも効率よくマイルが貯まる!3重取りの秘策

陸マイラーの手法の中で最も手軽なのが、対象店でのショッピングでマイルを貯めることです。
お買物をするだけなのでどなたでも簡単にできますし、2重取り・3重取りもできておトクです。
まずはショッピングでのマイル獲得法を、ANAとJALそれぞれについて具体的にご説明しましょう。

ANAマイレージモールでポイント2重取り

ANAマイレージモール説明画像
ANAマイレージクラブ会員の方には、ネット通販サイトの「ANAマイレージモール」がおすすめです。
ここには楽天市場、Yahoo!ショッピング、ユニクロ、じゃらんnetなどお馴染みのショップが揃っており、ここから用途に応じてショッピングやサービスを利用できます。
しかし何と言ってもおすすめなのは、マイルの他にポイントを2重取りできるという点でしょう。
例えば楽天市場を利用すると、この通りマイルに加えて2度のポイント加算が可能です。

  • ①ANAマイレージモール経由:ANAマイルが貯まる
  • ②楽天市場を利用:楽天スーパーポイントが貯まる
  • ③クレジットカード決済:カードのポイントが貯まる

モール経由のマイル積算数は利用先によって異なり、例えば楽天市場なら200円ごとに1マイル貯まります。

JALマイレージモールはJALカード決済でマイル2重取り

JALマイレージモール説明画像
JALマイルを貯めたい方は「JALマイレージモール」がオススメです。こちらも合計3回お得です。
例えばAmazonでは200円ごとに1マイル積算され、これとは別にAmazonポイントがつきますし、更にJALカードで決済すればここでもまたマイルが貯まります。
大丸松坂屋オンラインショッピングなら100円ごとに1マイル、さらにJALカード特約店なのでカード決済で200円につき2マイル獲得できます。
ただし、大丸松坂屋ではショップ利用ポイントはつかないので、マイルが2回貯まるだけです。
このように、マイル積算率や獲得できるポイント数はショップによっても異なります。

ANAカードマイルプラス加盟店でマイルとポイントが貯まる

でもマイルが貯まるのはオンラインショップだけではありません。以下のANAカードマイルプラス加盟店にてANAカードで決済すれば、カードポイントとは別にマイルも積算されます。
ANAマイルプラス対象店でマイルが貯まる説明画像

ANAカードマイルプラス加盟店例

  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • ENEOS
  • 高島屋
  • ヤマダ電機LABI
  • アート引越センター 等

マイルプラス加盟店は、この他にもまだまだありますよ。いつものポイントに加えてマイルが貯まるお得感は、「ANAカード+ANAマイルプラス対象店」の組み合わせでしか味わえません。

JALマイル特約店ならマイルが2倍貯まる

JALマイル特約店説明画像
一方JALカード特約店では、JALカード決済で通常の2倍マイルが貯まります。

JALマイル特約店例

  • ファミリーマート
  • ENEOS
  • コナカ
  • イオン
  • 紀伊國屋書店
  • 大丸松坂屋 等

またJALカードに年会費3,000円(税別)を追加して「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会すれば、このようにマイルの貯まり具合が2倍になります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会した場合

  • 【通常のカード決済】100円で1マイル
  • 【特約店でのカード決済】100円で2マイル

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会しない場合

  • 【通常】200円で1マイル
  • 【特約店】200円で2マイル

特約店中心に年間カード利用の多い方は、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会することで、マイル積算がよりスピードアップします。

飛行機に乗らないとマイルは貯まらないと思っていませんか?「陸マイラー」という言葉がある通り、買物でもマイルはしっかり貯まります。
特にオンラインショップのマイレージモールを使うと、マイルの他にポイントが2重取りできる場合もあってお得ですよ。

マイル貯める最適ルート?ポイントサイト活用でもマイルを貯められる

陸マイラーの必須アイテムと呼ばれているのが「ポイントサイト」です。でも使ったことのない方には、このサイトが一体どんなものなのか見当もつかないかもしれません。
そこで初心者の方向けに、ポイントサイトを使ったマイル獲得法を分かりやすくご紹介したいと思います。

ポイントサイトはポイントを貯めたり交換したりする場所

先ずはポイントサイトについて簡単にご説明しておきましょう。ここが何をするところなのか知らない方も多いのですが、実は主なポイントサイトの基本機能は、以下のようにごくありきたりなものです。

  • ポイント付与機能
  • ポイント交換機能

クレジットカードをお持ちなら、どれもカード会社の公式サイトで普段利用していることばかりですよね。

ポイントサイトでは直接マイルを貯めることはできない

しかし、ポイントサイトを運営しているのはカード会社ではありません。したがってカード入会時のように面倒な手続きもなく、すぐに利用を始めることができます。
ポイントサイトの登録に必要なのは、最小限の個人情報とIDやパスワードの設定だけです。
銀行口座やカード番号などの届出も不要ですから、登録は至って簡単です。もちろん費用も一切かかりません。
でもポイントサイトで直接マイルを貯めることはできないので、マイル獲得までの流れを、これから順を追ってご説明していきたいと思います。

カードを使わなくてもポイントが貯まる

陸マイラーが何故ポイントサイトを活用するのかというと、第一にカードを使わずポイントを貯めることができるからです。
ポイントサイトでは、例えば以下のようなことでポイントを増やすことができます。もちろん、その先には必ず「マイルとの交換」があることを覚えておいてくださいね。

ポイントサイトにおけるポイントの貯め方

  • アンケートに答える
  • 商品モニターになる
  • ゲームで遊ぶ
  • ポイントサイトを紹介する
  • ショッピングをする
  • サービスを利用する

ポイントサイト経由で買物すればポイント3重取り

またネットショッピングも、ポイントサイトを経由することで更におトクになります。
Amazon、楽天市場、ポンパレモールといった総合通販サイトをお使いの方は多いと思いますが、その場合ポイント獲得のチャンスは以下の2回です。

  • ①ショップ利用
  • ②クレジットカード決済

でもポイントサイトを利用すれば、このようにポイント加算が3回に増えます。
つまりポイント3重取りですね。

  • ①ポイントサイト経由
  • ②ショップ利用
  • ③クレジットカード決済

経由するだけで新たにポイントが貯まる訳ですから、これもやらない理由はありません。

二重の経由はできない!3重取りが限界?

ただし、先にご紹介したマイレージモールとの二重経由はできません。これができればポイント4重取りも可能なのですが、「ポイントサイト → ANA・JALマイレージモール → ショップ」というルートは取れないのです。
つまり可能なのは、以下○印2つのうちいずれか一方ということになりますね。

  • ○ ANA・JALマイレージモール→ショップ
  • ○ ポイントサイト→ショップ
  • × ポイントサイト→ANA・JALマイレージモール→ショップ

どちらのルートもカード決済でポイント3重取りが可能ですが、どちらがお得かは判断の難しいところです。

マイレージモールとポイントサイトどっちがお得?

例えば楽天市場で10,000円の買物をした場合、マイレージモールとポイントサイトそれぞれの経由で付与されるものを比較してみるとこのようになります。

  • ANAマイレージモール経由→50マイル
  • ハピタス経由→100ポイント

これをマイル換算すると、上手に交換すればハピタス経由の方が有利です。でもショップによって加算率が違いますし、ショップ独自のボーナスなども考慮に入れると、どちらがお得とは言い切れません。
またポイントサイトにもハピタス以外にも色々あって、それぞれ取り扱うショップや加算率は異なります。

ハピタスの「みんなdeポイント」はその日1番のおすすめの案件

ハピタスの中で、期間・参加人数限定でその日一番のお得な案件が紹介されている「みんなdeポイント」は、是非チェックしてみて下さい。
ポイント還元率が最大で100%と、大量のハピタスポイントをお得に貯める事ができます。
期間限定で短い周期で内容が変わりますので、定期的にチェックしてみるのもいいですね。

貯まったポイントは最適ルートでマイルへ移行

さてこうして貯めた大量のポイントですが、最終的にマイルに交換できなくては意味がありませんよね。
しかし実はすぐマイルにできる訳ではありません。ご紹介したハピタスポイントは、直接マイルとは交換できないからです。
そこで幾つかのステップを経ることになるのですが、急ぐと損をするのでご注意ください。マイルの価値を保つには、交換率の高い最適ルートを使うことが必要です。

交換率が低いとマイル数が半減してしまう

ANAマイルの場合、楽天ポイントやTポイントからの交換レートが0.5倍ですから、マイルに交換すると半分になってしまいます。

  • 500Tポイント→250ANAマイル
  • 500nanacoポイント→250ANAマイル
  • 50楽天ポイント→25ANAマイル

でもやり方次第で、75%をキープできるんですよ。これには特別なクレジットカードが必要なのです。

獲得したポイントを高レートでマイル移行できる「TOKYUルート」

交換レート75%をキープできる特別なクレジットカードとは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」のことです。
従来、ソラチカカードを利用した「ソラチカルート」が有名でしたが、残念ながら2019年12月で完全閉鎖されてしまいました。
その代わりに有効活用したいのが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを使った「TOKYUルート」なのです。
TOKYUルートの交換方法は、以下の通りです。

  • ① ハピタスなど主要なポイントサイトでポイントを貯める
  • ② ポイントサイトのポイントをドットマネーに交換
  • ③ ドットマネーからTOKYU POINTに交換
  • ④ TOKYU POINTからANAマイルに交換

TOKYUルート説明画像
このTOKYUルートに乗せると、ポイントが具体的にどうなるのでしょうか。1,000ポイントを交換する場合を例にとって見てみましょう。

ハピタスポイント 1,000ポイント
 ↓(所要日数:交換申請の翌日から3営業日以内)
ドットマネー 1,000マネー
 ↓(所要日数:1日~15日申請分は申請月の下旬頃、16日~末日申請分は翌月の中旬頃)
TOKYU POINT 1,000ポイント
 ↓(所要日数:約1週間)
ANAマイル 750マイル

このように、1,000ポイントが750マイルになり、75%の交換率が保てるのです。
ドットマネーから直接ANAマイルにも交換可能ですが、そうすると30%未満になってしまいますので、必ずTOKYU POINTを通過してください。
3回も交換するのは面倒に思えるかもしれませんが、従来のソラチカルートに比べれば簡便ですから、高レートをキープするために頑張りましょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの特長

そんなTOKYUルートに不可欠なカードが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。
これは、ANAマイレージクラブ・TOKYU POINTカード・PASMO・定期券・クレジットの5つの機能が一体となった、大変便利でお得なカードです。
TOKYU POINT加盟店やPASMOの利用でTOKYU POINTが貯まり、TOKYU POINTとマイルは相互交換が可能です。
また、クレジット決済ではワールドプレゼントポイントが貯まり、こちらもANAマイルに移行できます。
電子マネーPASMOが標準搭載されていて、空からも陸からもマイルを貯めやすい1枚となっています。
継続時にボーナスマイルがもらえるなど、飛行機に乗らなくてもマイルがどんどん貯まっていくカードです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

カードの詳細へ
ポイントサイトを使うと、飛行機に乗らずに大量のマイルを獲得できますね。でもそれには色々とやらねばならないことが多くて、なんだか難しそうです。
それにポイントサイトってなんだか手が出しにくいです。これって使っても心配のないものなんですか?
ポイントサイトは安全なものですし、ポイントを非常に効率よく貯めることができます。
ポイントサイトはカード情報との関連付けがないので、セキュリティ上の心配も少ないんですよ。でもパスワード管理には気をつけましょうね。

マイルを貯めるのに役立つクレジットカードをJAL・ANA別に紹介

陸マイラーにとってクレジットカードは必須アイテム。でもマイルが貯まるクレジットカードならなんでもいいという訳にはいきません。
そこで、コスパが高くマイル獲得や交換に直接役立つ一押しのクレジットカードを2枚ご紹介しておきましょう。

【ANA編】マイルが無期限で貯まるANAアメックス

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、マイルを無期限で貯められるので、大量にマイルを貯めて長距離の特典航空券に交換すれば、1マイルの価値を大幅に高める事ができます。
しかもANAアメリカン・エキスプレス・カードなら、年会費7,000円(税別)とリーズナブルな価格でアメックスブランドのカードを持つことができるのです。
ステイタスが高いアメリカン・エキスプレス・カードは、通常のグリーンカードでも、12,000円(税別)と高額な設定となっています。
ですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードならゴールドカード並みのアメックス特典に加えて、ANA特典も利用することができるので、ANAマイルを貯めるにはグリーンカード以上の力を発揮してくれるのです。
マイル付与率1%、マイルプラス加盟店で1.5~2%とマイルが貯まりやすいだけでなく、無期限でマイルを貯められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

【JAL編】電子マネーでマイルが貯まるJALカード TOKYU POINT ClubQ

次はJALマイレージ会員の方におすすめのクレジットカードです。f100円につき1~2マイル貯まりますから、外食の機会
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、東急グループのサービス利用がお得になるほか、JALマイルも貯まるカード。マイルとTOKYU POINTとの相互交換が可能です。
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」の魅力は、電子マネーのチャージでもマイルが貯まるところです。
年会費は初年度無料で税別2,000円。鉄道始め東急グループのサービスをよく使う方にはメリットが多く、元の取れるクレジットカードです。

WAONのチャージでマイルが貯まる

JALカード TOKYU POINT ClubQの機能で注目したいのは、WAONチャージでもマイルが貯まることです。
もしもJMB WAONカードをお持ちなら、JALカードと紐付けすることで「JMB WAON カードチャージボーナスマイル」が貯まりますよ。
JMB WAON カードチャージボーナスマイル説明画像
こうしておけば、チャージと決済でマイルが2重取りできます。このカードはJMB WAONとのセット利用がおすすめです。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
飛行機に乗らずマイルを貯めるには、クレジットカードを有効活用することが大切です。
JALマイルなら、WAONチャージでもマイルが貯まるJALカード TOKYU POINT ClubQがおすすめですよ。

マイルを貯めるにはこんな方法も?食事や預金でマイルをゲット

先にご紹介したポイントサイトの活用方法は、初心者の方には、交換手法などちょっと難易度が高いというのも事実です。
そこで最後に、もっと簡単な方法がいいという方向けに、他のマイル獲得法をご紹介しましょう。

ANAグルメマイルは外食でマイルが貯まる

気軽な食事やアフターファイブの歓談にも、マイル獲得のチャンスがありますよ。「ANAグルメマイル」の加盟店は全国に多数あり、居酒屋やカラオケなど利用しやすいお店ばかり。
100円につき1~2マイル貯まりますから、外食の機会が多い方なら対象店を上手に選んで自然にマイルを貯めることができるでしょう。
ただし、マイルは自動で積算されません。会計時には必ず以下の手順を踏み、マイル積算を確実にすることが大切です。

①ANAマイレージクラブカード・ANAカードを提示する
②マイル積算希望を申告する
③「マイル受付票お客様控え」受け取る

「マイル受付票お客様控え」とは以下のようなものです(別タイプもあります)。1~2ヵ月後のマイル積算を確認するまでは、大切に保管しておきましょう。
マイル受付票お客様控え

JALレストランマイルと特約店がお得!

JALレストランマイルも、JMB/JALカード提示で100円=1~2マイルが貯まります。やはりレジでカードを提示し、積算を申し出ます。
例えば東京近辺では、以下のようなお店が対象店舗です。

【JALレストランマイル対象店】
鉄板焼き しち十二候
イタリアン Bistrot La Cucina
大志満 椿壽、その他

また以下JALカード特約店なら、JALカード決済すると通常の2倍、最大100円=2マイル貯まります。

【JALカード特約店】
オイスターバー ジャックポット
割烹 嶋村
Bistro Bar Dapaulo、その他

銀行でもマイルが貯まる

レストランはまだしも、マイルが貯まる銀行についてご存知の方は少ないでしょう。一部の銀行では、口座開設や振込みでもマイルを獲得できます。
そのような銀行の中にはキャッシュカードにマイレージ機能がついたものもあり、よりマイルを貯めやすくなっています。
給料振込や年金振込でマイルが貯まれば、お金を使う事なくマイルを貯められますね。毎日の生活の中で無理なくマイルが貯まる銀行を、ANA編とJAL編、続けてご紹介します。

【ANA編】マイルが貯まる銀行

スルガ銀行ANA支店は日本橋にフィナンシャルセンターがありますが、口座開設はネットを通じて全国から申し込めます。
キャッシュカードには、VISAデビット+銀行キャッシュカード+マイレージの3機能がひとつになった「ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード」がおすすめですよ。
マイルの貯まるクレジットカードを既にお持ちの方も、マイル口座統合の上2枚持ちが可能です。

銀行 マイル付与
スルガ銀行
ANA支店
・給料振込:月50マイル
・クレジットカード、電話料金の引き落とし:毎月1件につき5マイル
・投資信託の購入:10万円につき20マイル
・年間100万円以上のVisaデビット利用:3,000マイル
・自動融資機能の定例返済:毎月1万円の返済で10マイル
・定期預金:10万円につき60マイル 等
ソニー銀行 ・投資信託:年間最大4,800マイル
・住宅ローン:20万円ごとに100マイル 等
新生銀行 ・口座開設:300マイル
・外貨預金:50万円ごとの預け入れで500マイル 等

【JAL編】マイルが貯まる銀行

次はJALマイルが貯まる銀行です。この中の愛媛銀行は地方銀行ですが、「四国八十八カ所支店」はインターネット専用支店。したがって、全国どこにお住まいの方も申し込めます。
りそな銀行では、給料や年金振込で貯まった「りそなクラブポイント」をマイルに移行できます。
またJALマイルが貯まる「りそなJALスマート口座」の開設もおすすめですよ。こちらでは「りそなVisaデビットカード <JMB>」が発行され、他で貯めたマイルも統合されます。

銀行 マイル付与
愛媛銀行
四国八十八カ所支店
マイルスマイル定期預金:1万円につき1マイル
りそな銀行 ・給与振り込みで毎月20ポイントなど
様々な取引でりそなクラブポイントが貯まる
・りそなクラブポイントをマイルに交換可能
(100ポイント→50マイル)
・りそなデビットカード〈JMB〉年間利用額50万円以上で500マイル、
100万円以上で1,500マイル、その後50万円毎に500マイル
外食や銀行でもマイルが貯まります。獲得できるマイル数は多くはありませんが、いずれも毎日の生活の中で自然に貯まってくれます。
対象店での飲食や口座開設は、決して難しいことではありません。マイル獲得のために是非チャレンジしてみてください。

陸でマイルを貯めるにはポイントサイトとクレジットカードが必須

マイルは、飛行機に搭乗しなくても増やすことができますが、一気に増やすにはポイントサイトの利用がおすすめです。
ここで獲得したポイントを、最適なルートでマイルに交換すれば年間かなりのマイル数が稼げますよ。
また、クレジットカードを活用したショッピングやお食事、銀行などで地道にマイルを増やす方法もあります。
このように、陸でマイルを増やす方法は少なくありません。目標のマイル数まで地道かつ効率的に貯められるよう、日々の暮らしをアレンジしてみくださいね。
合わせて読みたい関連記事