簡潔明瞭!解りにくいクレジットカードの仕組みについて!

2020.06.12 よくある質問

日々便利に利用しているクレジットカードですが、その仕組みがどうなっているのか気になったことはありませんか?
カード決済をする場合、利用者がお店に直接現金を支払うわけではないのに、お店はどうやって代金を得ているのか、カード会社は何で収益をあげているのか等々、ちょっと考えただけでも複雑そうに思えてしまいますね。
仕組みを理解しなくても利用できないわけではありませんが、知っておけば意外に役立つ場面もあるのです。今回は、そんなクレジットカードの仕組みについて、わかりやすく解説していきます。

判りやすく仕組みを解説!クレジットカードシステムの基礎知識

最初にクレジットカードシステムの基礎知識として、専門用語やカードの役割をご説明しましょう。少し難しいところもあると思いますが、理解してしまえば「なるほど」と思ってもらえるはずですよ。

クレジットカードの最大の特徴は後払いシステム

現在のクレジットカードには付帯サービスがたくさんあるので、本来の役割がぼやけがちかも知れません。
旅行傷害保険やポイントサービス、特定商品の割引など、どれも利用者にとっては嬉しいサービスなのですが、カード本来の役割は「後払いシステム」にあるのです。

  • クレジットカード会社が、利用者の信用を認めてカードを発行
  • 発行されたカードを持っている利用者は、欲しい商品をカードで購入
  • ショップはカード会社に、商品の代金を請求
  • カード会社はショップに商品代金を支払う
  • 通常1ヶ月後に、カード会社は利用者に立て替えた代金を請求
  • 利用者は、カード会社に立て替えてもらった代金を支払う

クレジットカード仕組み
上記がクレジットカードを利用する際の、基本的な仕組みになっています。クレジットカードを持っていれば、発行した会社が本人の信用を保証しているので、ショップはカードによる商品購入を許可しているわけですね。
ですから、その時点で現金を持っていなくても、カード会社が立て替えてくれるので、欲しい時に欲しい物が購入出来るのです。そして、カード会社が立て替えた商品代金は、基本1ヵ月後にカード会社に返済を行なうこととなります。
このように、クレジットカードは完全に後払いが出来るシステムになっているのです。

難しくない?クレジットカードシステムの専門用語

では次に、クレジットカードのシステムで使われる専門用語を解説しましょう。もともと、クレジットカードシステムはアメリカで誕生したものなので、使われる用語は英語が基本となっています。
聞き慣れない用語ばかりですが、イメージすればほとんど理解することは可能ですよ。

  • 国際ブランド
  • カード発行会社:Issuer(イシュアー)
  • 加盟店管理会社:Acquirer(アクワイアラー)
  • 加盟店
  • カード利用者
  • 処理センター

これらが、クレジットカードシステムで利用される主な専門用語です。では、順番に用語を解説していきます。

国際ブランドはカード発行会社ではない

国際ブランドとは、次のようなカードに付いているブランドのことを指します。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナース
  • アメリカン・エキスプレス
  • 銀聯
  • ディスカバー

現在は上記7つが「世界7大ブランド」と呼ばれています。これらの会社は、独自のネットワークシステムとオンライン決済システムを所有している必要はありますが、必ずしもカードを発行している会社ではありません。
VISAやMasterCardは、直接クレジットカードの発行は行なわず、ブランドライセンスを提供するだけに留まっているのです。
例えば「三井住友カード」のクレジットカードには、「VISA」または「Mastercard」の国際ブランドがありますが、カード発行は「三井住友カード」が行なっているのです。

カード発行会社:Issuer(イシュアー)

この用語はクレジットカードシステムの中でも重要な用語の1つで、カードの発行とその後の請求管理を行なう会社です。
カード利用者と加盟店管理会社の間に入って、主に代金の請求と支払い業務を担当しています。先の「三井住友カード」の場合だと、Issuer(イシュアー)はVISA・Mastercardではなく、「三井住友カード」となります。
「JCB」はブランドライセンスの提供だけでなく、自社がカード発行会社としての役割を持っていますので、JCBは国際ブランドでありIssuer(イシュアー)でもあるということになります。

  • 申込者の審査およびカードの発行
  • カード利用者への代金の請求と回収を行う
  • カード利用者から回収した代金を、加盟店管理会社に建て替える
  • 優待や保険等カード付帯サービスの提供

上記が、Issuer(イシュアー)の主な業務です。

加盟店管理会社:Acquirer(アクワイアラー)

クレジットカードは、先に説明した国際ブランドの加盟店でなければ利用することができません。VISAブランドを搭載したカードを利用するなら、そのショップが「VISAの加盟店」である必要があります。
その加盟店を統括しているのが「加盟店管理会社:Acquirer(アクワイアラー)」なのです。つまり、加盟店と国際ブランドをつなぐ役割と言えますね。

  • 加盟店の開拓、審査、管理を行う
  • 利用者が購入した商品の代金を加盟店に建て替えて支払う

カード加盟店=国際ブランドが利用できる店

先にも触れましたが、カード加盟店とはその国際ブランドが利用できるショップのことで、加盟店でなければクレジットカードを利用することが出来ません。
街にある小さな駄菓子屋さんでVISAカードが使えないのは、駄菓子屋さんが「VISAの加盟店」ではないからですね。
逆に「VISAの加盟店」であれば、ショップの大きさは関係なく駄菓子屋さんでも「VISAカード」が使えます。

カード利用者は、クレジットカードを利用する人

カード利用者は、難しくありませんよね。単純に、クレジットカードを利用する人のことです。
カード発行会社の所定の審査を受けて、その審査に合格し、カードの利用限度額内で商品の購入を許可されたカードを所有する人で、実際にカードを利用しようとしている人を、カード利用者と呼びます。

処理センターは、取引データを処理する会社

処理センターは、加盟店管理会社とカード発行会社の業務を支援する会社です。加盟店管理会社から送付された取引データを、コンピューターでカード利用者の情報と照合、計算、集計を行い、集計後の取引データをカード発行会社に送付しています。
カード利用があった場合、次の条件を確認する必要があります。

  • 購入代金の確認
  • 支払方法(一括払い、リボ払い等)の確認
  • 手数料の有無と金額の算出
  • カード利用者へ請求する月々の金額の算出
  • 利用限度額の計算

1商品ごとの情報を処理していますから、毎日膨大な取引データを取り扱うことになります。これをイシュアーとアクワイアラーがすべて行うのは難しいため、処理センターが引き受けているというわけですね。

ショップが国際ブランドの加盟店契約をする場合、一つの国際ブランドと契約すれば、全ての国際ブランドを利用できるのですか?
例えば、VISAと契約すれば銀聯もJCBも利用可能となるのでしょうか?
原則として、それぞれ個別にブランドと加盟店契約する必要があります。
ただし、JCBのように加盟店開放を他のブランドと提携していれば、JCBと契約するだけでアメックス、ダイナース、銀聯、ディスカバーの、いずれも利用可能になります。

クレジットカードシステムを具体的に詳しく見てみよう

用語の解説で、クレジットカードのシステムにかかわる各会社の役割を説明しました。カード利用者とお店の間にいくつかの会社を経由して決済が行われることがお分かりいただけたと思います。
ここからは、その一見複雑なように思えるクレジットカードシステムを、より具体的にご紹介していきます。

1:カード発行会社が利用希望者にカードを発行

カードに申し込みがあると、まずは「カード発行会社:Issuer(イシュアー)」が審査を行います。信用情報機関に申し込み者の情報を照会し、審査が行われます。
個人信用情報を審査し、滞りなくカードを利用していける人というお墨付きを得られれば、カードが発行されます。

2:カード利用者がカード加盟店で商品を購入

次にカード利用者が、加盟店でクレジット決済にて商品を購入します。このとき加盟店は、利用されるカードを決済端末に通して、カードが利用可能であるかを確認します。
加盟している国際ブランドの会社が提供するシステムを利用して、瞬時に確認作業が完了します。
カードに問題が無ければ、契約は成立してカード利用者に商品を引き渡します。

3:加盟店から加盟店管理会社、処理センターへデータ送付

私たちが普段お買い物をする行為はここでいったん終わり、ここからしばらくはクレジットサービスを提供する側の処理が続きます。

加盟店は、カード利用伝票を加盟店管理会社(アクワイアラー)に送付します。カード伝票を受けたアクワイアラーは、そのデータを処理センターへ送付します。処理センターでは金額の集計などの計算が行われ、カード会社(イシュアー)にその情報を送ります。

これで請求に関する情報の取りまとめができました。

4:イシュアーや加盟店管理会社が代金を建て替える

さて次に、利用金額のデータに基づいてカード会社(イシュアー)がその代金を建て替え、加盟店管理会社(アクワイアラー)に支払います。
そしてさらに、加盟店管理会社(アクワイアラー)から加盟店に、利用額が立て替えられます。
ここではじめて、商品を売ったお店側が代金を受け取れるというわけですね。

5:イシュアーがカード利用者へ商品代金の請求を行う

カード会社(イシュアー)は、処理センターにて整理されたデータを元に、加盟店管理会社(アクワイアラー)に建て替えるだけでなく、カード利用者に対して商品代金の請求を行ないます。
一括払いの場合は1回で終わりますが、リボ払いや分割払いの場合は、月々その都度請求を行なうこととなります。
こうして最初に利用代金を建て替えたイシュアーは、後日カード利用者から代金を受け取るという流れなのです。
もしカード利用者による返済の遅延や延滞があった場合は、カード発行会社(イシュアー)が、催促や督促の業務も行なわなければなりません。

利用者とお店の間に様々な工程が

細かい部分を入れるともっと細分化されますが、大きな流れとしては上記のような工程でクレジットカードシステムが成り立っているのですね。
この流れで分かるように、カード利用者と関係を持つのは加盟店である購入先のショップと、カード利用者に請求と回収を行なうカード発行会社(イシュアー)だけです。
でもその間では、加盟店管理会社や処理センターによって、データの計算や代金の建て替え、受け渡しなどが行われているのです。表には出てきませんが、私たちが便利にお買い物をするためには欠かせない存在なのです。
実際には、アクワイアラーとイシュアーの役割をひとつの会社が同時に行っているケースも多く、JCBなどはその一例です。さらにJCBは国際ブランドとしての役割も兼ねています。
一方、VISAやMasterCardなど、ブランド提供だけの会社は、加盟店が確認するカード決済システムを提供しているだけで、実際の商品購入には全く関与していないんですよ。

お買い物の裏で、クレジットカードがどのような仕組みを経ているかは、上記の通りです。
それぞれの会社が、役割分担をしてカードの発行、代金の立替え、請求、回収などを行っているのですね。

クレジットカード会社の収入は、手数料が大半を占める?

クレジットカードの仕組みの中には多くの会社が携わっていることをお伝えしましたが、これらの会社はどこから収入を得ているのでしょう?
クレジットカードに携わる会社の収入は、そのほとんどを「手数料」に頼っているのです。もちろん、手数料だけで無く広告収入などもありますが、ここでクレジットカードに携わる会社の収入について解説しておきましょう。

加盟店からの手数料は1%~7%程度

お店がクレジットカードを利用できるようにするためには、各国際ブランドの加盟店になることが必要です。加盟店でカード利用すると、決済金額の1%~7%ほどの手数料を、カード会社に支払わなければなりません。

この加盟店手数料が、カード会社の収入となっているのです。1%~7%程度と手数料に幅があるのは、加盟店の業種によって違いがある為で、大きく次のような割合になっているのです。

  • 家電量販店・コンビニなど:1%~2%
  • 百貨店・デパート:2%~3%
  • 小売店・専門店:3%~5%
  • 飲食店:4%~5%
  • 居酒屋・クラブ:4%~7%

基本的に商品の品目が多く、幅広い日用品や食料品を取扱うショップでは、手数料は低く設定され、クラブなど客単価の高い飲食店には高い手数料が設定されています。
また、加盟店の規模によっても、手数料が異なります。

  • 大型店・チェーン店:1.5%~2.5%
  • 中規模店・専門店:2.5%~4%
  • 小規模店・個人経営店:3%~7%

利用者数が多く、その分売り上げも高くなり、回収できないリスクが少ない大型店やチェーン店は低めに、小規模になるほど回収できないリスクを踏まえて高めの手数料が設定されています。
具体的な手数料は、加盟店ごとに業種と規模を考慮して決められます。
いずれにしても、日本では利用者の代金に手数料を上乗せすることは規約違反であり、お店側が支払うものですので、お客さん側は気にしなくても大丈夫ですよ。

カード利用者が支払うリボ・分割手数料もイシュアーの収入源

加盟店が支払う手数料とは別に、カード利用者が支払う手数料も存在します。それは、リボ払いや分割払いをすると発生する手数料で、これもカード発行会社(イシュアー)の収入源のひとつです。
手数料率はカード会社によって異なりますが、共通することは一括払い・2回払い以外の支払方法で手数料が発生するということです。
分割払いの場合、回数が増えるにつれ手数料も高くなり、12%前後~15%ほどに設定されているカード会社が多いです。リボ払いでは実質年率15.0%というケースがほとんどです。

その他、広告収入も大切な収入源です

請求書やダイレクトメール、メルマガなどに掲載する他企業の広告の手数料や、WEBサイトに掲載する他企業のバナーなどによる広告収入も大きな収入源となっています。
会員が多い会社であれば、地道に思える広告収入も馬鹿にはならないのです。

カードの年会費は、もちろんダイレクトに収入となる

現在では、一般カードは「初年度年会費無料」のカード会社が多くなってきていますね。そのようなカードでも、次年度は条件付きで無料にはなるものの、基本的には年会費が発生します。
ゴールドカード以上になると、年会費はほぼ確実に必要で、多くの場合10,000円以上の年会費が必要となってきます。
もちろんカード会社によって、カードの持つステイタス性が違うので、一様にまとめることは出来ませんが、この年会費はカード会社の大きな収入源となってくるのです。
カードのランクが上がれば、カード会社の提供するサービスの内容も上がってきますので、それなりの年会費が必要なのは仕方ありませんよね。

クレジットカードを利用した場合の手数料、カードの年会費、広告費で、クレジットカード関連会社は収入を得ているのです。
カード会社がリボ払いを勧めている理由の一つに、手数料収入が目的であることは事実なのですよ。

クレジットカードシステムは様々な工程を経て成り立っている

カードを出せば現金がなくても支払いができるというサービスには、様々な工程や会社が携わってできたシステムがあることがお分かりいただけたと思います。
どのようなルートを辿って請求書が発行されているのかという点や、加盟店はクレジットカードで購入されると手数料を取られる仕組みになっていることなども理解されたことでしょう。
家電量販店などで、よく「現金特価割引」のようなセールが開催されていますが、それはクレジットカードの手数料を支払わなくていい分、値引きが可能というわけなのです。
クレジットカードの仕組みを理解しておくと、分割・リボ手数料の節約もできますし、世の中の見え方が変わりますよ。
合わせて読みたい関連記事