おてがるペイなら簡単&低コストでキャッシュレス決済導入が可能

2020.08.17 話題のカード

クレジットカードはもとより、様々な電子マネーやスマホ決済サービスが続々と登場している昨今ですが、その中から今回は「おてがるPay」についてご紹介します。
おてがるPayは、多種類のクレジットカードや電子マネーに対応したキャッシュレス決済サービスで、お客さん側にはすでにお持ちの決済サービスをそのまま利用してもらえます。
しかも、お店側も簡単に導入できますから、双方にとってメリットが多いのです。キャッシュレス・消費者還元事業実施中の今こそ、導入するチャンスですよ。
決済サービス導入を検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

電子マネーもクレジット決済も一括導入!おてがるPayの概要

はじめに、おてがるPayとはどのようなものなのか、その概要から見ていきましょう。

大手カード会社3社の共同出資でできた決済代行会社で安心

おてがるPayは、クレジットカードや各種電子マネーを利用した、キャッシュレス決済サービスです。
大手カード会社3社
おてがるPayを提供する株式会社JMS(ジェイエムエス)は、JCB・三菱UFJニコス・UCカードが出資して設立された決済代行会社ですので、大手カード会社ならではの安心感がありますね。

多種多様な国際ブランドや電子マネーに対応

おてがるPayで利用できる決済手段は、下記のクレジットカードおよび電子マネーです。
おてがるペイ対応電子マネーと国際ブランド

決済手段 種類
クレジットカード ・JCB
・Visa
・Master card
・AMERICAN EXPRESS
・DinersClub
・銀聯カード
・DISCOVER
電子マネー Apple Pay
Google Pay
QUICPay
iD(アイディ)
nanaco
・楽天Edy
WAON
・KiTaCa
Suica
・PASMO
・toica
・manaca
・ICOCA
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

クレジットカードは国内で流通している全国際ブランドが利用できますし、電子マネーも多くの種類に対応しています。
Apple PayとGoogle Payでも決済可能ですから、カードではなくスマホ決済を希望するお客様にも対応できます。

おてがるPay公式サイトへ

おてがるPayひとつで、ほぼ全種のクレジットカードと多くの電子マネー決済が導入できます。
大手3社が手掛けた決済代行会社ですから、安心して申し込むことができますよ。

低コストで簡単なおてがるPayにはメリット多数

ここからは、おてがるPayのメリットについて、より具体的にご紹介していきます。

加盟店の決済手数料は業界最安水準

おてがるPayの決済手数料は、下記の通りです。

決済の種類 加盟店手数料
・Visa
・Master card
・MUFGカード
・DCカード
・UFJカード
・NICOS
・UCカード
3.24%
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
・Diners Club
・銀聯カード
・DISCOVER
・JCB PREMO
・Apple Pay
・Google Pay
・iD
・QUIC Pay
・各種交通系電子マネー
3.74%

支払方法や加盟店への振り込み回数も選択可能

おてがるPayでは、下記のように様々な支払方法を選択できます。

  • 1回
  • 2回
  • 分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス払い

また、加盟店への振り込みも月2回または月6回のいずれかを選択することができます。
どちらでも振込み手数料はかかりませんので、お店の状況に応じてお好みの入金サイクルを選べる点も大きなメリットです。
ただし、ゆうちょ銀行は利用できませんのでご注意ください。

各種レジアプリとの連動も可能

おてがるPayは、レジアプとの連動も可能です。
レジアプリと連動可能
連動可能なレジアプリは、Okage・スマレジ・Ubiregiで、業態などに応じて選ぶことができます。
無料プランが用意されているレジアプリもありますから、低コストでさらに便利にお店を回すことができますね。

おてがるPay公式サイトへ

おてがるPayは手数料などのコストが安いことなど、加盟店側にとってもメリットが多いんですね。
では、デメリットとしては、どんな点があるのでしょうか?
専用端末やiPad等のiOSデバイスが必要な点は、それらをお持ちでない加盟店にとってのデメリットと言えますね。
また、実店舗のみが対象で、オンラインショップでは導入できない点にも注意が必要です。

おてがるPayの導入はwebから簡単に3ステップで完了

ここまでお読みいただき、おてがるPayを導入してみたくなった方も多いかもしれません。そんな方々のために、ここからはおてがるPayの導入手順をご紹介します。

WEBから簡単に申し込みが可能

おてがるPayへの申し込みは、下記のように3つのステップで行います。

  • WEBにて申し込みフォームに必要事項を入力&必要事項の画像をアップロードする
  • 審査および審査結果の通知
  • カードリーダー・プリンター等の端末の配送

審査に通れば、通常申し込みから4週間ほどで端末が届きます。
あとは決済アプリのダウンロードやアクティベートなど必要な手続きをすれば、キャッシュレス決済導入が完了です。

対面サポートも利用可能

WEBからの申し込みには不安を感じる方、相談してから申し込みをしたい方は、対面サポートを利用することも可能です。
その場合、下記のような流れとなります。
おてがるペイ導入の流れ説明画像

  • WEBまたは電話で資料請求をする
  • 担当者から連絡後、店舗に来訪または電話にて説明や相談が行われる
  • 申し込み
  • 審査および審査結果の通知
  • カードリーダー・プリンター等の端末の配送

キャッシュレス決済には加盟店側の負担が大きいイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、手数料や費用のことから具体的な端末の操作方法まで、担当者が説明してくれます。
不安が大きい方も、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

おてがるPay公式サイトへ

おてがるPayへの申し込みは、たった3ステップでとても簡単なので、気軽に申し込めます。
申し込みから実際の導入まで1か月ほどかかりますから、キャッシュレス・消費者還元事業を利用したい方はお急ぎくださいね。

おてがるPayなら簡単&ローコストで高い集客効果が期待できる

おてがるPayは、数あるキャッシュレス決済サービスの中のひとつで、多種類のクレジットカードと電子マネーに対応しています。
一度の申し込みで多種多様な決済手段を導入でき、もちろん日々の業務でも決済を一元管理できますから、とても便利なのです。
キャッシュレス決済の導入を検討中の方は、ぜひおてがるPayも候補にしてみてくださいね。
合わせて読みたい関連記事