どこかにマイルなら半分以下のマイル数で国内往復航空券に交換できてお得

マイラーの方にとっての楽しみと言えば、「マイルを貯めてお得に旅行を楽しむこと」ではないでしょうか。恐らく、今、マイラーの8割以上の方が頷いたことでしょう。
そこで今回は、マイルをますますお得に活用できるJALのサービス「どこかにマイル」をご紹介します。既にご存知の方も多いと思いますが、知らないと確実に損ですからね。
「どこかにマイル」はミステリーツアー的な要素もあり、旅行前からドキドキが楽しめるのも魅力です。
また、マイルが貯まりやすい厳選クレジットカードのご紹介もありますよ。どうぞ、ゆっくりご覧ください。

「どこかにマイル」とは?通常の半分以下のマイルで国内旅行ができる

「どこかにマイル」の新サービスイメージ画像
「どこかにマイル」とは、6,000マイルあれば、どこかに行けるという、JALが提案する新しいマイル利用の形です。
もちろん、6,000マイルで往復が可能です。ただし、行き先は4つあり、ご自身では選択することができません。ミステリーツアーのようで、旅行前からドキドキワクワクが始まっているのです。

超おトクポイント1:通常の半分以下の6,000マイルのみでOK

必要なマイルは6,000マイルのみ!それで国内旅行の往復分のチケットが手に入ります。
6,000マイルで航空券に交換できる説明画像

JAL国内対象路線 通常マイル ディスカウント JALカード割引
A区間
東京⇔名古屋
東京⇔大阪
東京⇔秋田
大阪⇔福岡
大阪⇔大分
大阪⇔松本 等
12,000マイル 10,000マイル 9,500マイル
B区間
東京⇔大分
東京⇔福岡
東京⇔鹿児島
大阪⇔青森
大阪⇔奄美大島
大阪⇔青森
15,000マイル 12,000マイル 11,500マイル
C区間
東京⇔久米島
大阪⇔石垣
20,000マイル 対象外 対象外

上記表はJALの特典航空券と引き換える際の必要マイルの一覧表です。最も安いA区間でも、往復12,000マイル必要なので、6,000マイルで往復のチケットが手に入るのは、超おトクであることは間違いないですね。

超おトクポイント2:旅行前からドキドキ!行き先は後から通知される

どこかにマイル説明画像
「どこかにマイル」は、ミステリーツアー的な要素も含んでいて、申し込み時にJALから4つの行き先を提案されます。
ただし、4つのうちどこになるかは、後日3日以内にJALから連絡が届くシステムとなっています。
そうなのです。もう、申し込んだ時点からドキドキが始まってくるのが「どこかにマイル」の魅力でもあるのですね。

候補地は、東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線限定

JALの国内線であれば、全国の候補地が提案されます。但し、東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線限定で、この他の空港からの発着便は対象外となります。

  • 4つの行き先を提案してくれる
  • 候補地はパターン検索できる
  • 東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線限定
  • WEBで申し込みできるので、手続きは簡単

どこかにマイルはパソコンからでもスマートフォンからでも、申込や検索が可能です。

「どこかにマイル」利用の流れ

  • WEBから「どこかにマイル」申し込み画面にアクセス
  • 発着地・日付・人数・時間帯を入力
  • 自動的に4つの候補先が表示される
  • 再検索が可能なので、候補地パターンを検索できる
  • 候補地が見つかれば旅行者情報を入力し申し込み完了
  • 申し込みから3日以内にJALから通知が届く

JALから提案された4つの候補先にある「エリア情報」をタップすれば、候補地のグルメ情報や各地の名所などの情報もチェックできますよ。
どこかにマイル申込画面
このように、申し込み時には様々な情報を元に候補地を選ぶことができます。お友達と一緒に申込むなら、この時点からワイワイ楽しみながら申し込みができますね。
「どこかにマイル」は、友人など同行者3名、合計4名の予約が可能です。

+2,000マイルで候補地が3択になるキャンペーン中

+2,000マイルで3択キャンペーン説明画像
お伝えしているように、「どこかにマイル」では候補地が4つ表示されます。
しかし、行きたい場所が決まっている場合などは、2,000マイルを追加して合計8,000マイル使えば、候補地を3つに絞ることができるキャンペーンが行われています。
キャンペーン期間は、2019年11月12日(火)から2020年3月31日(火)申し込み分までです。
今なら2,000マイルを追加することで、希望通りの目的地に行ける確率を高めることができますよ。

確認しておこう!「どこかにマイル」の注意点

超おトクな「どこかにマイル」ですが、注意点もあります。そこはしっかり把握しておきましょう。

  • 1日の申し込み受付数に上限がある
  • 1日の再検索できる回数に上限がある
  • 搭乗者はJMB会員限定となる
  • 東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線限定
  • 申し込み完了後のキャンセルはできない
  • キャンセルの場合、マイルの払い戻しはできない
  • 繁忙期など利用できない期間がある

特に、利用期間外はJALホームページで公開されていますので、申し込み前に確認しておくことをおすすめします。

ちなみに2019年12月~2020年3月末までの対象外期間(ブラックアウト期間)は次のとおりです。ありません。2020年4月以降の除外日は、2019年11月16日現在ではまだ公開されていません。決まり次第JALホームページで案内されます。

予約期間に関しては次のとおり

  • 予約可能期間は、出発の1ヵ月前から搭乗日(往路)の7日前まで
  • 帰り便は往路出発当日から10日以内

「どこかにマイル」は、出発希望日の7日前まで予約が可能ですから、急に思いついて申し込みをすることもできますね。

行き先が四国ならJR四国フリーきっぷオプションも利用可能

どこかにマイル行き先四国画面
2018年6月26日より行き先が四国に決定した場合、マイルをJR四国全線フリーきっぷに交換できるオプションサービスも開始されました。このオプションサービスは下記四国の空港に行き先が確定した時に利用頂けます。

  • 徳島
  • 高松
  • 高知
  • 松山

JR四国全線フリーきっぷは、こちらのマイル数で交換が可能です。

  • フリーきっぷ2日間大人用:6,000マイル
  • フリーきっぷ2日間子供用:3,000マイル
  • フリーきっぷ1日間大人用:3,500マイル
  • フリーきっぷ1日間子供用:1,750マイル

JR四国全線の特急・普通列車の普通車自由席に乗車できるきっぷで、もし当日に空席があった場合、みどりの窓口で追加料金不要で普通車指定席に変更してくれますよ。

行き先が九州ならJR九州フリーきっぷオプションも利用可能

2018年12月6日より、羽田空港発・行き先が九州の下記空港に決定した場合、マイルで北九州フリーきっぷに交換できるオプションサービスも開始されました。

  • 福岡
  • 北九州
  • 大分
  • 長崎
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島

交換可能なフリーきっぷはこちらの3種類で、特急列車もしくは快速・普通列車(新幹線除く)を自由に乗り降りできます。
フリーきっぷ路線説明画像

項目/種類 北九州
フリーきっぷ
由布院・別府
フリーきっぷ
西九州
フリーきっぷ
必要マイル数 2,000マイル 6,000マイル 6,000マイル
有効期限 2日間 3日間 3日間
座席 自由席
(530円で
指定席利用可能)
自由席
(530円で
指定席利用可能)
自由席
(530円で
指定席利用可能)

さらに2019年9月より、「博多~ハウステンボス1日間(片道・自由席利用)」オプションも追加となりました。

項目 内容
必要マイル 大人:2,200マイル
小人(小学生以下):1,100マイル
有効期間 1日間
座席 自由席(530円で指定席利用可能)
こんなユニークなマイルの使い道があったなんて、知りませんでした。
教授は、「どこかにマイル」を利用したことがありますか?もしあれば、どんな感じだったか教えて頂けませんか?
ありますよ。検索するとエリア情報と行き先が4つ表示されます。
北海道と九州と四国などバラバラです。北海道に行きたかったので2つが北海道の検索を選択し、見事札幌のチケットをゲットできました。

2018年5月から新サービス開始!「どこかにマイル 南の島」

どこかにマイル南の島
なんと、「どこかにマイル」が好評のため、2018年5月から国内の南の島を目的地とする「どこかにマイル 南の島」が新たに追加されました。

利用できる空港は、那覇・鹿児島発のみ

6,000マイルで南の島のどこかに行けるのは、とても魅力的!通常の倍以上お得になりますからね。でも、那覇・鹿児島空港発限定となるので、遠方の方にとってはハードルが高めかも知れませんね。
しかし、九州、沖縄在住の方なら大変おトクな企画なので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

海外の南の島ではないので、ご注意くださいね

「どこかにマイル 南の島」の行き先は、海外の南の島ではありません。

【対象路線】
沖縄(那覇)⇔ 奄美大島・沖永良部・与論・南大東・北大東・久米島・宮古・石垣・与那国
鹿児島⇔種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論

「どこかにマイル 南の島」の申し込み方法は、最初の申し込み画面が異なるだけで、先にご紹介してきた「どこかにマイル」と全く同じです。

この新サービスは、まだ利用したことがありません。沖縄での講演がある時に、休みを取って利用してみたいと思います。
出張ついでに利用できれば、お得感は倍増しますね。

「どこかにマイル」を利用するのにおすすめのJALカード

「どこかにマイル」は、残念ながらJMB会員でなければ、利用することができません。JMBとは「JAL マイレージバンク」の略称で、JALカードに入会すれば自動的にJMB会員となれます。
そこで、「どこかにマイル」を利用するのにオススメできる3枚のJALカードをご紹介しましょう。

ポイントとマイルの違いとは?マイルは基本、特典航空券へ

よく、通常のクレジットカードと「マイルの貯まるクレジットカード」の違いを聞かれます。大雑把に言うと、通常のクレジットカードはポイントが貯まり、そのポイントでカード利用代への充当や商品・他社ポイントと交換します。
一方で、マイルの貯まるクレジットカードは、航空系クレジットカードに分類されていて、貯まったマイルを特典航空券と交換することができます。
つまり、飛行機を移動手段として利用される方は、マイルの貯まる航空系クレジットカードを利用した方が、断然お得なのです。

通勤でマイルが貯まる魅力あるカード!JALカードSuica

JALカードSuica(普通カード)は、JALカード+電子マネーSuica+JRE POINT+Viewカードの、4つの機能が一体化したカードです。
JALカードSuicaなら普段のショッピングで200円につき1マイル貯まる上に、SuicaチャージでJRE POINTが3倍(還元率1.5%)貯まります。
貯まったJRE POINTは1ポイント1円として電子マネーSuicaとして利用してもOKですし、マイルに交換すれば6,000マイルを早く貯めることができるカードですね。

JALカードSuica

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JALカードSuica(普通カード)
年会費 初年度無料 次年度以降 2,200円(税込)
国際ブランド JCB
スペック ・入会搭乗ボーナス 1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
・搭乗毎ボーナス フライトマイルの10%プラス
・Suica搭載&オートチャージ機能付き
・ETCカード発行可能(税込524円)
・海外旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・国内旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・ショッピングマイル200円につき1マイル
・ショッピングマイルプレミアム(税込3,240円)でマイル2倍
・JR東日本での利用で1,000円につき5ポイントのJRE POINT
・VIEWプラス対象商品でJRE POINT3倍

東急沿線ならこの1枚!JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ(普通カード)は、JALカードとしてマイルが貯まり、東急グループのTOKYU POINTも貯まる、お得なカードです。
TOKYU POINTはマイルに交換することができるので、東急沿線を良く利用される方にとっては、欠かせない1枚と言っても良いでしょう。
また、このカードは電子マネーWAONチャージでもマイルを貯めることができる為、WAONをよく利用される方にもおすすめのカードですよ。
JMB WAON カードチャージボーナスマイル説明画像
WAONチャージ&WAON支払いでマイルを2重に貯める事ができますからね。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JALカード TOKYU POINT ClubQ(普通カード)
年会費 初年度無料 次年度以降 2,200円(税込)
国際ブランド VISA・MasterCard
スペック ・入会搭乗ボーナス 1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
・搭乗毎ボーナス フライトマイルの10%プラス
・PASMOオートチャージ機能付き
・ETCカード発行可能(発行手数料税込1,100円)
・海外旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・国内旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・ショッピングマイル200円につき1マイル
・ショッピングマイルプレミアム(税込3,240円)でマイル2倍
・TOKYU POINT加盟店で最大10%のTOKYU POINT

小田急沿線で大活躍のカード!JALカードOPクレジット

このJALカードOPクレジットは、小田急沿線及び小田急を利用している方にとって、マイルと小田急ポイントが同時に貯まる最強のカードです。
小田急ポイントサービス加盟店はたくさんあるので、小田急ポイントもとても貯めやすいですよ。
JALカードOPクレジットもPASMOオートチャージ機能付きで、小田急乗車ポイントも加算されるので、小田急を利用される方は知らず知らずのうちに、ポイントが貯まっていきますよ。
JALカードOPクレジットは電子マネーPASMOへのオートチャージで200円につき1マイル貯まりますし、小田急沿線や小田急利用者には、JALカードOPクレジットは欠かせない1枚ですね。

JALカードOPクレジット

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 JALカードOPクレジット(普通カード)
年会費 初年度無料 次年度以降 2,200円(税込)
国際ブランド JCB
スペック ・入会搭乗ボーナス 1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
・搭乗毎ボーナス フライトマイルの10%プラス
・PASMOオートチャージ機能付き
・ETCカード無料発行
・海外旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・国内旅行傷害保険 最高1,000万円が自動付帯
・海外旅行時のショッピング保険付帯 最高100万円
・ショッピングマイル200円につき1マイル
・ショッピングマイルプレミアム(税込3,240円)でマイル2倍
・ロマンスカー@クラブに加入しロマンスカー利用で高還元
・小田急乗車ポイントで乗車するだけでポイント付与
ここで紹介したおすすめカードは、3枚とも航空系カードに交通系カードが、合体した機能を持っています。
スペック的にも魅力あるカードだと、自信を持っておすすめできますね。

お得にマイルを貯めて、「どこかにマイル」を利用しよう

「どこかにマイル」は、前半でご紹介したとおり、格安な6,000マイルでミステリーツアーを楽しめるサービスです。
JALのJMB会員限定のサービスなので、やはりJALカードを持っていた方が有利であることは、間違いありません。
「どこかにマイル」に興味のある方は、記事内でご紹介した「おすすめクレジットカード」を検討してみると、良いことがあるはずですよ。
合わせて読みたい関連記事